• OTO工房

エテルナの讃歌

更新日:2018年11月24日


エテルナは甦った

3年前ある調律師から、、

「弦が切れるのでもうこれ以上調律できません」

と突如宣告を受けてしまった可哀そうなピアノ

その名はエテルナ

60年前に両親が買ってくれた木目調の素敵なピアノ

その名は ETERNA

鋼(弦)は磨きサビを取った

羊の毛(ハンマー)に深く入った傷は削った

汚れた Soundboard(響板)もきれいにした

欠けた keyboard(鍵盤)も貼り替えた

action(ピアノの内臓)は分解した

そして、、調律をした

弦は切れなかった

ETERNA は死なない

これからまた長い年月をかけ

私だけのキャンバスに色を塗るのだ

自分が描くパステル画のように

かつて息子がドラムを鳴らしたこの部屋で

優しい夫が見守る中で

このエテルナで





全ての作業が終わり 別れ際に弾いてくれたのは

プーランク作曲  即興曲第15番「エディット・ピアフへのオマージュ」

・゚。(つ﹏<)(つ﹏<)(つ﹏<)・゚。

僕にはその音色が、

私、妹、息子、孫へと弾き継がれてきた

この偉大な楽器へのオマージュに聞こえるのでした。。

#ETERNA  #エテルナピアノ  #プーランク  #素敵な夫婦

11回の閲覧0件のコメント