icon_ameba-min.png

  好評企画

ピアノのある風景

キャンペ-ン

増税後もこれまでと同料金で!

最安

令和

OTO工房 安さの秘密

                            

   

「なぜこんなに安く修理や調律をするのですか?」とお客様から聞かれることがございます。理由があります。

調律に伺いピアノを拝見すると、長い間調律をしていないピアノと出会うことが少なくありません。10年以上未調律という

ピアノも決して珍しくありません。たまにしか弾かないのに調律代もそれなりにする。自然と調律が延び延びになり自然と弾かなくなり、結果そのままなってしまう、というケースが多いようです。更に、っそのことアノを処分して電子ピアノに切り替えようか考えているいうお客様が驚くほど多いのです。  

    

この様な現実に何度も触れ、ピアノが大好きな私はとても残念に思ってきました。そしておこがましいことですが、もし自分の持ってる技術や知識で、ほんの少しでもこの状況をえることができるのなら、ピアノという楽器が好きでこの道に入った者としては本望なのではないかと考えるに至りました。よくご新規のお客様から、「グランドもこの料金なんですか?」「ちゃんと修理してくれるんですか?といったよなことを聞かれますが、上記のような理由があるというのが本当に本当のことなのです。

      

修理に関しては、「ピアノの修理は高い」というイメージを持たれているユーザーの方が多いので、決してそことはなく、これも調律同様調律師の気持ち次第です。頑張ればこれだけ安く修理メンテナンスが出来るとことを証明したいという思いだけで、調律同様この金額でやらせていただいております。では頑張れば安くできるとはどういうことなのか、それは

「自分の時間をお客様に投資する」ということに他ありまん。正直に申し上げますと、ピアノの修理やメンテナンスというのは実際はとても手間のかかる作業です。なぜならピアノを動かす為の殆どの部品がことごとく鍵盤の数と同じ88個あるからです。ある一つのパーツを交換しようとしても大抵は88個分の交換が必要となるのです。またその殆どの部品が接着剤などでガチガチに接着されていてまずはそれらをヤスリなどでキレイに取り除かなければなりません(説明が難しい..)。 つまり要はピアノの修理やメンテナンスというのはその殆どが手間代や技術料なのです。しかし扱いにくい楽器が故、料金が高いが故にピアノユーザー様が減少しまっては、ピアノ調律師としては本末転倒ではないでしょうか。私はピアノユーザーの方になるべくピアノをけてほしいのです。そしてできることなら、次の世代までそのピアノを弾きいでほしいのです。ピアノという楽器は一般的な車やコンピュータとは違います。私は家具や家に近いのではないかと思っています。家具や家も修繕して次の世代にき渡し引き継がれていく性質を持っています。ピアノという楽器もそういう存在、財産であってほしいのです。

    

同業者の中には、「技術の安売りはしない」とおっしゃる方がいらっしゃるのも事実ですし、長い年月をかけて習してきた技術ですので、そのお気持ちは同業者である私には十分過ぎるほどわかります。ただ、きれい事を言うわけではありませんが、私は技術の安売りをしないという前に「自分の技術で人の役に立ち、少しでも社会貢献をしたい」という気持ちの方が断然大きいです。お客様の需要に限界まで応えて、皆様がピアノと共に人生を歩んでいってくれたらすごく嬉しいです。ピアノとい楽器は、それだけの価値やポテンシャルを持ち、人生を豊かにしてくれる素晴らしい楽器だと思うからです。

ピアノを処分しないでください。ピアノをもう一度弾いてみてください。

 少しでもお役に立てるようであればご連絡ください。        

 ご注意

 ・長期間調律していないピアノの調律につきまして、調律作業によって発生した断弦、鉄骨や響板割れに関してのトラブル保証は一切できません。ご了承下さい。

  ・東京23区内の場合出張費は頂きません。※駐車料金が発生した場合に限り、実費分のみお客様にご負担頂いております。

   

  ・東京23区外への調律の場合、交通費実費分につきましてはお客様にご負担頂きますようお願いしております。 

  ・長期間調律を行っていないピアノで、音下がりによる複数回の上げ調律が必要となったピアノに限り、

  2回目(3か月以内)は通常料金の50%OFF、

  6か月以内は通常料金の20%OFFで行わせていただきます。半年以上経過した場合は通常料金となります。

 ​修理料金を安く抑えるためお時間を頂戴する場合がございます。

  ・複数のピアノの調律を行う場合はお問い合わせください。