ピアノ ドック

icon_ameba-min.png

 ピアノドックとは  OTO工房 が推奨するピアノアクションメンテナンスの基本セットプログラムです

 当工房の通常格安修理・メンテナンス料金より更にお得な料金設定になっております

なぜアクションのメンテナンスが必要なのか

格安ピアノ調律 格安ピアノ修理メンテナンス 荒川区 ​東京23区 安心ピアノ修理 

  人間の身体と同じ様に、ピアノも長年使用していると様々な箇所に支障が出てきます。しかしその殆どが、実はピアノの「アクション」部分に出てくるという事は一般的には意外と知られておりません。それは、アップライトピアノのアクションには約5000ものパーツが、グランドピアノのアクションには約8000ものパーツが組み合わさり、木材をベースに皮、フェルト、布、金属などがアクションの生命線ともいうべき各駆動部分に多く使われているためです。ピアノという楽器は、それらの部品が激しく動き合い、神がかり的ともいえる絶妙なバランスを保ち合いながら音を鳴らしているのです。 

それら各パーツの激しい動きから、摩耗、消耗、劣化、ガタ、サビ、破損、そして気候変化などにもよって正しい動きが出来なくなり、結果アクションの動きが悪くなりタッチや音色に大きな悪影響を与えるのです。また長年使用していないピアノも、各駆動部に使われているパーツが劣化して動きが悪くなってしまいます。 そのあたりも人間の身体とよく似ております。

つまり人間がある時期に差し掛かり、人間ドックに入り身体を検査するのと同じ様に、ピアノもある時期に差し掛かれば、検査をして必要な治療を受けることが、楽器が持つポテンシャルを十分に発揮するためには非常に重要になってくるのです。一つの音を出すという意味において、おそらく世界一複雑なアナログ楽器であろうピアノが、素晴らく、面白く、美しく、そして厄介なのは、この「アクション」という得体の知れない装置の存在によると言っていいのです。

 
 

set

  61,000円(アップライトピアノ)           57,000円(グランドピアノ)

一般的に考えられるアクション部品の消耗や劣化を考慮した基本セット

 ​セット内容

ハンマー整形ファイリング(材料費込み)           17,000円

ハンマーに深く入った弦の溝を専用のヤスリで取り除き、

新品時の音色に取り戻します。※通常料金 20,000円〜(UP)

ブライドルテープ交換 (材料費込み)       17,000円

ハンマーの連打やタッチに大きく影響するブライドルテープ交換。

使用頻度や使用年数によってテープが劣化し切れることが多いパーツです。

※通常料金 20,000円 

※グランドピアノにはこちらの部品は使われておりません。

※該当部品交換の必要が無い場合、バットスプリングなどへの代替え交換可能。

弦サビ取りクリーニング(材料費込み)        7,000円

弦に付着した錆(サビ)を取り除きます。

ピアノは弦が震えて音を発するため弦が錆びると音色を悪化させたり断弦の原因にもなります。

ピアノ内部のクリーニングも行います。 

※通常料金 9,000円〜(UP)、12,000円〜(GP)

 

各フレンジセンターピンチェック        〜700円(1個)

ピアノのアクションには、人間でいう関節機能と同じ働きを行う「フレンジ」

という極めて重要なパーツが存在します。ピアノアクションの動きは実はこのフレンジの中に有る「センターピン」という細い金属製のピンに依存していて、鍵盤タッチや音色にも大きな影響を与えアクション運動の要となるものです。 全てのフレンジを確認し、確認時悪いセンターピンのみを交換します。 

700円(1個)※10以上の交換から数が増える毎に単価が安くなります。 

※通常:1,500円(1個)調律時などに1個交換した場合。 

※フレンジブッシングクロス交換は別途

アクション精密総合整調              20,000円~

ピアノが本来持つ最良のポテンシャルを発揮できるように、アクションと鍵盤の精密整調(調整)を行います。こちらの作業はアクションをピアノに取りつけた後お客様のピアノ保管場所にての作業になります。

整調料金はピアノの状態によって異なりますが、基本料金は20,000円~(UP)、30,000円~(GP)となっております。

当工房はボールドウィンなどのスピネットタイプのドロップアクションに対応しております。

料金:40,000円~(状態による)

 

set

102,000円(アップライトピアノ)              98,000円(グランドピアノ)

A setに鍵盤メンテナンス(部品交換)を追加したセットです

 ​セット内容

鍵盤ブッシングクロス交換                                  35,000円

(フロント / リア 共に材料費込み)

鍵盤の動き(タッチ)の要となる「ブッシングクロス」を、88鍵盤分=176個全て交換いたします。

このクロスが劣化消耗すると、鍵盤がカタカタと左右に揺れるようになりタッチが非常に悪くなり思うような演奏が出来なくなります。鍵盤メンテナンスの定番で要となる部分。カシミヤクロス使用。

※通常料金43,000円

鍵盤バランスピン/ フロントピンメンテナンス      6,000円

鍵盤を支えているピンに付いた錆(サビ)や汚れを取り除きます。このパーツはブッシングクロスが直接接触する所で、メンテナンスすることにより新しいクロスと共に快適な鍵盤の動きとなります。 

※クロス類交換代別途 ※通常料金15,000円

SET service

A/B各set には通常料金15,000円のアクション清掃メンテナンス(各駆動部分へのオイルアップ及び鍵盤棚板、筬清掃付)とペダルクリーニング(通常3,000円~)が無料で付きます。

※セットサービスのアクション清掃メンテナンス(オイルアップなど)は通常のアクションオーバーホールの分解清掃とは内容が異なります。

 

ピアノドック限定オプション

ピアノドック A・B いずれかのセットメンテナンスのみに組み込めるメンテナンスオプションです。ピアノドック以外の単体修理メンテナンスのみの場合は通常料金となります。

鍵盤ピンメンテナンス F/B                                   6,000円 

バランス/フロント各鍵盤ピンメンテナンス(Asetのみ対象) 

※通常料金15,000円

バットスキン交換                                                  30,000円

劣化消耗したバットスキンを新品の鹿皮へ交換します。

※通常料金35,000円

キャッチャースキン交換                                       25,000円

劣化消耗したキャッチャースキンを新品の鹿皮へ交換します。 

※通常料金30,000円

フレンジコード交換                                               17,000円

劣化し切れたフレンジコードを新品へ交換します。

数か所だけ切れる場合もありますが、将来的な切れることを予想し、

数本切れている場合は88本分全て一緒に交換します。 

※通常料金20,000円

ダンパーフェルト交換                                           32,000円

劣化消耗したダンパーフェルトを新品に交換します。

※通常料金35,000円

ジャックスプリング交換(UPのみ)                    23,000円

このスプリングは劣化すると針金のような状態になり

スプリング本来のバネ機能が低下しタッチが鈍るばかりでなく

トリルなどの連打が思うように出来なくなります。

※通常料金25,000円

バットスプリング交換(UPのみ)             18,000円

ジャックスプリング同様、劣化して正しく機能しない

バットスプリングを新品に交換します。

このスプリングが機能しないとハンマーの戻りが弱くなり

演奏に悪影響を及ぼします。※通常料金20,000円

バットフェルト交換(UPのみ)                             15,000

※通常料金20,000円

  ご希望の方にはお預かりしたアクションや部品の作業を修理会員様限定ページにて作業内容をご確認できます。

  好評企画

ピアノのある風景

ピアノドック メニューに「材料費込み」と記入のある修理については作業費と材料費が含まれます。それ以外の部品交換が必要になった場合は別途部品代がかかります。

 

アクション精密整調、鍵盤整調にかかるお時間は、ピアノの状態によって異なります。 状態によっては2~3日いただく場合もございます。

 

ピアノの状態によっては上記セット修理が適用できない場合や、一部のみの修理メンテナンスで済む場合がございます。詳細はお問い合わせください。

2018年7月現在の料金です。 材料価格変動などにより予告なく変更になる場合がございます。