• OTO工房

タングルウッドの奇跡

Updated: Nov 30, 2018


たまにはピアノ以外の楽器の話題も。 世界で活躍するヴァイオリニストである五嶋みどりさんの「タングルウッドの奇跡」という有名なエピソードをご存じでしょうか? 当時14歳(1986年)だった彼女が、アメリカのマサチューセッツ州タングルウッドで行われた音楽祭に招かれた際に起こったハプニングのことです。

本番演奏中に、一番細いEの弦が2度も切れてしまい、 最初切れた時は直ぐに第一ヴァイオリン奏者の所へ行き楽器を交換してもらい対処。 次に切れた時も同じように第一ヴァイオリン奏者の所へ行き交換(第一ヴァイオリン奏者はその時第二ヴァイオリン奏者の楽器を使用中)、 何事もなかったかのように最後まで演奏しきり喝采を浴びた、ということです。 その時の指揮者はあのバーンスタインで、演奏曲も彼が作曲したセレナードだったそうです。 動画を見ていただけるとわかるのですが、14歳の少女が、とにかく全く焦ることもうろたえることもなく、間髪入れず瞬時に楽器を交換しに行くその様は、やはり只者ではないと感じます。 弦が切れても、なぜか指揮者との息がぴったり?なことにも感心してしまいます。 その堂々とした姿に会場もどよめき、演奏後は大喝采で拍手が鳴りやみません。バーンスタインも泣くはキスするはで珍しく大はしゃぎ。



同じ個所で断弦? 私はヴァイオリンには詳しくないので詳しい方がいらっしゃったら教えていただきたいのですが、映像をよく見ていると曲のまったく同じ個所で二度とも弦を切っているように見えます。それは彼女の弓の使い方が他の演奏者と異なっていて、天才の片鱗ということなのでしょうか。それとも若さ故の技術的なことなのでしょうか。

この事件?の事は翌日のニューヨークタイムズの一面で大きく報道されたそうです。 またアメリカらしいなと思うのは、この時­の様子が「タングルウッドの奇跡」としてアメリカの小学校の教科書に、3枚の写真と一緒に7ページにわたって掲載されたということです。後に日本の高校英語教科書の幾つかにも掲載されたそうです。




128 views0 comments